住居、駐車場、店舗、工場の防犯・監視カメラ設置ならおまかせ下さい
電話番号

パーキング(駐車場)への防犯カメラ設置の事例

【概況】
■ 屋内(4階建て)パーキング・信用金庫併設ビルと屋外パーキングへの防犯カメラ設置事例です。

■ 出入口でのトラブルを解決するために防犯カメラを設置したい、とのことです。屋内パーキングで逆光が生じる出入口周辺には、表側と内側から監視できるようにカメラを2台設置することで、しっかり監視できるようにしました。

■ 外のパーキングについては、全体を見回せる場所を計算しての場所の設定です。屋外カメラ(NSC-AHD900)は、周辺が明るいことから赤外線使用を必要としない且つレンズの交換ができるものを選択し、カメラハウジング(FH5100S)をして防水(IP67)防塵・フルハイビジョンカメラを使用します。

■ 建物の外の防犯カメラは、一部壁に沿って配置し、途中から室内へ配線。電源供給は直流12V線と映像用の同軸ケーブルを配線し、途中での繋ぎ目を極力少ない工事を行いました。

■ 手元モニターで撮影範囲や逆光補正などを調整し、人物や車両がハッキリ映ることを確認して固定していきます。

■ この建物は、無人になることもあることから、事務所にモニターを設置するとともに、本社監視室にも同時にネットを通じてリアルタイムに監視できるシステムにしました。

■ このビルへの防犯カメラは、屋内18か所・屋外2か所に設置。死角ができない様に設置しました。
(事務所内への侵入防止のために、事務所にも防犯カメラ(NSC-AHD932VP-F=水平97°垂直76.8°)を設置し、侵入に対する防犯も行います)

カメラケースブラケット設置

反対側の、ケーブル引き込み用穴開け作業です。ケーブルの長さが30mぐらいあるので大変です。

カメラ設置完了。
■ NSC-AHD900 レンズNSL202M
ハウジング(ボディー)FH5100S
レンズとカメラとボディー部をカスタマイズできます。

カメラケース内ケーブル・コネクター・取付作業

手元モニターによる角度・ピント調整

手元モニターによる角度・ピント調整

アウトレットボックス。
ケーブルや配線の分岐する時に使用する電材です。

コネクター取付前
ハウジングとカメラを設置した状況です。

カメラ設置完了

電話番号